茶の種類 

  普段私たちの飲んでいるお茶は煎茶、あるいは煎茶の製造過程で選り分けられた粉茶、 くき茶などです。栽培上の違いから玉露、製法上の違いから玉緑茶、かまいり茶、抹茶、ほうじ茶などがありますまた煎茶に玄米を混ぜた玄米茶などもポピュラーなお茶です。

   一般的なお茶の種類

煎茶 ● 煎茶 

一般にお茶と言えばこの煎茶を言う。蒸気で蒸して発酵を止め、その後各種揉みの行程を経て乾燥するものである。

くき茶 ● くき茶 

煎茶を仕上げる工程で選別されるくきの部分が主体のお茶である。香りが強く濃度はやや薄い。

番茶 ● 番茶 

関東では煎茶の中下級品のことをこの名で呼ぶ、地方によってはほうじ茶や刈り落しの茶の場合もある。

粉茶 ● 粉茶 

煎茶を仕上げる工程で選別される細かい部分を集めたものである。煎茶の細かい芽やクキ、切れた葉などである。

抹茶 ● 抹茶 

玉露を石臼で挽いたもの、茶道で使われるのはもちろん、現在ではお菓子やアイスクリームなど幅広く使われている。

玄米茶 ● 玄米茶 

煎茶や番茶に炒った玄米をブレンドしたお茶、香ばしい庶民の味である。これに抹茶をまぶしたものもある。

  上に示したお茶は日常で最も接する機会の多い日本茶ですが、これらの他に数限りないお茶の種類があります。それは、1 品種による種類 2 発酵度による種類 3 摘み取り時期による種類 4 栽培法による種類 5 仕上げ工程による種類 などです。ここでは いくつかの分類法による茶の種類を解説します。

 日本で古来から栽培されている茶は在来種と言われ、雑種集団である。この在来種を始めて分類したのは、フォン・シーボルトである。シーボルトは日本の在来種は中国種の変種と考え、栽培種、自生種、蔓茶、こうろ種(中国中間種)の四つに分類した。現在この分類が適切であるかどうかは意見の分かれるところであるが、こうろ種以外の分類は地方にる多くの変異があり、区別がはなはだ困難である。しかし、葉の大きさや形状での分類法は客観的で妥当なものと思える。

外 観 分 類 葉の特徴
ヤマチャ 栽培種 暗緑、楕円形でひだがあり、先端が尖る。 枝が引き締まる、日本人呼称は【茶】
ヤマチャ 自生種 暗緑、楕円形でひだがあり、先端は尖らない 枝はまっすぐ、日本人呼称は【ヤマチャ】
ヤマチャ 蔓茶 明緑、針状で先端が尖り、扁平 枝は広がり稀種、日本人呼称は【 蔓茶 】
こうろ種 こうろ種 明緑、楕円形で大きい。 枝はまっすぐ稀種、日本人呼称は【

 植物学的な茶の分類

  植物学的に茶は単一の植物種-【Camellia sinensis(L)O.Kuntze】-ツバキ科カメリア属に分類されており、よく言われる【アッサム品種】【中国種】などはその変種にすぎない、そういった意味では世界中のすべての茶は一種類の"お茶木"から製造されると言ってよい、日本で栽培されているお茶は中国種である。中国から移植された茶樹は日本の各地に根付き地方の環境風土になじむとともに微妙な多くの地方変異が生じた、、これらの茶樹は総称して在来種と呼ばれています。また現代では『やぶきた』品種、『ゆたかみどり』、『さえみどり』、『さやまかおり』等の茶品種が知られていますが、これらも在来種から選抜された栄養品種であり、主に挿し木によるクローニングで育てられたものです。したがって日本茶の種類ということでいえば、日本茶は茶の中国亜種が地方変異したものであるといえます。

単一種としての茶

発酵度による分類

 発酵度による茶の分類

  生の茶葉を刈り取り放置しておくと茶葉の持っている酸化酵素【オキシダーゼ・パーオキシダーゼ・ポリフェノールオキシダーゼ等】の働きで自然に醗酵が始まる。醗酵が進んでゆく過程で酸化酵素の働きをどの時点で止めるかにより、不醗酵茶、半醗酵茶、醗酵茶の3種類のお茶が製造される。また酸化酵素以外の菌類による醗酵を利用して、後醗酵茶と言われる特殊な茶が製造されている。日本茶と、中国茶を中心に代表的な茶を醗酵度別に分類してみたが、すべての茶がこの分け方で分類される訳ではない。日本茶は最も発酵度の低い不発酵茶に分類される。


お茶の種類2